So-net無料ブログ作成
検索選択

2015 第34回山陽女子ロード 招待選手発表!12月23日開催 [陸上]

結果はこちら

12月23日に岡山県で行われる第34回山陽女子ロードレースの招待選手が発表されました。
来年3月イギリスでの世界ハーフマラソン選手権の女子日本代表選考会でもあります。
「有森裕子杯ハーフマラソン」「人見絹枝杯10キロ」の2部門があります。

ハーフマラソンにはリオデジャネイロ五輪の代表を狙う有力選手が多数出場します。

日本代表経験者では、今年の世界陸上北京大会1万メートル代表小原怜(天満屋)、2014年アジア大会マラソン4位の早川英里(TOTO)、2014年世界ハーフ代表の野村沙世(第一生命)、城戸智恵子キヤノンAC九州)。
一昨年この大会で1時間9分45秒のジュニア日本最高記録を樹立した20歳の岩出玲亜(ノーリツ)、今年の北海道マラソンを制した21歳岡田唯(大塚製薬)ら若手選手も参戦。
去年の覇者古瀬麻美京セラ)も走ります。

外国人は昨年2位のシャーロット・パデュー(イギリス)、2013年に大会新記録で優勝した九電工在籍のカプチッチセリー・チェピエゴらが出場します。

10kmの部には2連覇中のグレース・ブティエ・キマンズィ(スターツ)の他、小倉久美(トーエネック)、宮田佳菜代(ユタカ技研)、前田穂南(天満屋)らがエントリーしています。

実業団女子駅伝が終わり、マラソン日本代表の行方に注目が集まってくる時期ですが、
このハーフマラソンで好成績を納めた選手がマラソンでも好走をする可能性があります。
今後の行方を占う試金石ともなる山陽女子ロード、注目です。

2014年の結果はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。