So-net無料ブログ作成

デング熱 日本で感染100人越え! 症状は?出血熱とは? [健康]

Sponsored Link

デング熱の日本国内の感染者がついに100人を超えました。
8月に昭和20年以来およそ70年振りに日本での感染が確認されて以降、
最初の感染者が出た関東を中心に、全国で感染が確認される事態となっています。
蚊が媒介して全国どの地域でも感染する可能性があるそうです。
もはや人ごとではありません。
デング熱とはどんな病気か調べてみました。
デング熱とはデングウイルスを原因とする感染症であり、
蚊を媒介して感染します。
特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸国で感染が見られていますが、
アフリカ、オーストラリア、中国、台湾などでも発生しています。
このあたりの国に旅行する人は結構いると思います。
蚊にさされないように気をつけないといけませんね。

デング熱の症状は、感染3〜7日後に突然の発熱に始まり、
頭痛や筋肉痛、関節痛を併発することが多いそうです。
このあたりは風邪の症状と似ています。
さらに発症後、3〜4日後より胸部や体幹に発疹が現れ、
発疹は手足・顔に広がっていきます。
これらの症状は1週間程度でおさまり回復するそうです。

危険視されているのが、血漿(けっしょう)が血管から漏れ出たり、
鼻血・血便・吐血などの出血症状が見られるデング出血熱で、
患者の一部に見られます。
この場合適切な治療を行わないと死亡することがあります。
全世界では年間約1億人がデング熱を発症し、
約25万人がデング出血熱を発症すると推測されています。

ただのデング熱であれば、風邪と思って見過ごしてしまうかもしれません。
しかし、感染を拡大してしまう恐れもありますから、
いつもの風邪とは違うようであれば、
積極的に医療機関を受診するのが良いでしょうね。

涼しくなれば蚊の活動も衰退するので、
今は頑張って蚊対策をしましょう!

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました